若者とともに語りあい、未来に一歩踏み出すための場づくり

分科会9

官民でひらく若者支援

「連携って大事だよね」ということはあちこちで耳にしますが、「じゃあ実際に どうすれば?」という部分で立ち止まってしまうことも多いのではないでしょうか?会議の場を設けてみても、通り一遍の形式的な顔合わせで終わってしまった り、連日会議の連続で、「ネットワーク疲れ」を起こしてしまっていたり…。こうした苦悩を踏まえつつ、本分科会では、公的機関と民間団体、そして市民の方々がともに出会い、つながっていけるような場・しかけはどのように設定でき るのか、いろんな立場・角度から考えてみたいと思います。
 「こうしたらうまくいった!」
 「いろいろ仕掛けて挑んでみたけど、大失敗!」
 「いきなり担当にされて、どうしたらいいか困っています」
 「他の地域ではどうしてるんだろう?」
うまくいっている「成功例」から学ぶだけでなく、それぞれの試行錯誤や失敗談、 直面している課題などもみんなで出し合いながら、工夫の余地や解決の糸口をつ かんでいけるといいなと思っておりますので、ぜひご一緒しましょう。

コーディネーター  南出吉祥さん(岐阜大学・JYCフォーラム/岐阜)

            守谷奏弘さん(富山刑務所/富山)

            酒井 誠さん(一般社団法人富山県社会福祉士会/富山)

コメンテーター   佐藤洋作さん(NPO法人文化学習協同ネットワーク/東京)

レポーター     明橋大二さん(NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと/富山)

            多胡重孝さん(高島市子ども・若者支援センター”あすくる高島”/滋賀)

            佐藤真紀さん(一般社団法人アルファlink/岐阜)

当日タイムテーブル(変更になる場合があります)

1日目(16:00~18:00)

参加者関心共有と先進事例に学ぶ
*参加者の問題関心共有
*実践報告①:子どもの権利支援センター「ぱれっと」

2日目(9:30~11:30)

実践報告&実践交流
*実践②:高島市子若協議会/少年センターあすくる
*実践③:アルファlink/地域福祉の広場GIFU

2日目(12:30~14:30)

論点整理と全体での議論
*コメンテーターからの論点まとめと提起(世田谷事例含め)
*グループ討議と実践交流

事業内容

  • facebook
 
PAGETOP