若者とともに語りあい、未来に一歩踏み出すための場づくり

テーマ別実践交流会①

テーマ別実践交流会①
「居場所の入口問題 : 居場所をどうつくり、増やし、それを若者たちに届けていくか?

ひきこもり支援においては、①訪問支援、②居場所提供、③就労支援 が定番メニューとなってきました。順番としては、②居場所から始まった支援は、そこに自力でたどりつけない若者たち(入口問題)を発見したことで①訪問支援をスタートさせ、またそこに滞留する若者たち(出口問題)を発見したことで③就労支援を本格化させていきました。とはいえ、これらの枠組だけでは対処しきれないというのが実情です。このテーマ別では、上記の入口問題に照準し、孤立する若者たちをうけいれる居場所をどうつくり、増やし、それらを当の若者たちに手渡していくか、という喫緊の課題について、各地の実践をもとに、皆さんとともに考えていきたいと思います。

コーディネーター

滝口克典さん(山形:ぷらっとほーむ)
尾崎万里奈さん(神奈川:公益財団法人横浜ユース)
助言者:原未来さん(志賀:滋賀県立大学)

報告者

竹内佑一さん(大阪:PSIカウンセリング)
樋口愛子さん(山形:クローバーの会)
石井正宏さん(神奈川:NPO法人パノラマ)

大会1日目タイムテーブル

※1日目はテーマ別②「居場所の出口問題:~」と合同で実施されることになりました。

15:30~16:30 コーディネーター4人の居場所論プレゼン
→ テーマ別①・②を通じての基本的な問題意識を共有するために、
  それぞれの現場実践をふまえた居場所論のプレゼンを実施。
16:40~17:10 論点掘り下げ
→ 4人のプレゼンをもとに、助言者2人が論点を掘り下げる。
17:10~17:40 グループディスカッション+質疑応答
→ フロアの方々にグループディスカッションをしてもらい、そのうえでフロアと壇上とで質疑応答
17:40~17:50 まとめ(藤井・滝口)
→ まとめと2日目の予告
17:50~18:00 ふりかえり
→ アンケート等の記入

大会2日目タイムテーブル

※2日目は①と②が分かれて実施されます。

午前の部(180分 09:00~11:30)
09:00〜10:00 レポート①(発表30分+質疑40分)
10:10~10:20 休憩
10:20~11:30 レポート②(発表30分+質疑40分)

午後の部(180分 12:30~15:00)
12:30~13:40 レポート③(発表30分+質疑40分)
13:40~13:50 休憩
13:50~15:00 総括討論+ふりかえり

事業内容

  • facebook
 
PAGETOP