若者とともに語りあい、未来に一歩踏み出すための場づくり

東京大会シンポジウム

ともに学び合う実践交流から、ともに創り出す協同実践に向けて

この集会では、「実践者同士の出会いと交流、学びの場」を軸に据えながら、その時々において直面している課題について、現場の実践に根ざした検討を進めてきました。そのなかで、「居場所/しごと/暮らし(住まい)」という実践領域の区分や、「〈支援〉から〈協同実践〉へ」という実践主体のスタンスなどを見出してきました。
それらを踏まえつつ、本大会ではもう一歩踏み込んで、実践者同士が「学ぶ/交流する」というだけでなく、「創造する」という次元にもアプローチしてみたいと思います。制度・政策も含めて、私たちはどういった社会を展望していけるのか。「ともに生きる社会をつくる」というテーマに即しながら、語り合ってみたいと思います。

コーディネーター

南出吉祥さん(岐阜大学/JYCフォーラム)

シンポジスト

佐藤真一郎さん(NPO法人文化学習協同ネットワーク/東京)
渡辺ゆりかさん(一般社団法人草の根ささえあいプロジェクト/愛知)
野中康寛さん(社会福祉法人一麦会 麦の郷/和歌山)

事業内容

  • facebook
 
PAGETOP